2018年1月15日月曜日

体験レッスン

今日は、カルチャーのキッズ向け体験グループレッスンでした。
3人のお子さんがご受講くださいました。
自分の演奏コーナーも作り、とにかく楽しいレッスンになるよう心がけました。

今後、何かある時や非常事態に備えてと思って、オークションなどで少しづつ揃えてきた事務所のキーボード達ですが、このところ中々大活躍です。こうした機材や楽器は、すぐ揃えようと思っても一気には揃えれないので事前の準備が必要です。

また、新規に導入していけば事務所にどんどん機材が増えるばかりなので、使用機会が減った旧機材はある時期で手放なければ価値がどんどん下がってしまいます。そうした見極めも重要ですね。

設備投資と言うほどのものでもないのですが、何か始めようとする時はそれなりにお金や時間、色々な準備が必要です。
事あるごとに費用対効果とか回収とか零細個人事務所なりに頭を悩ませているところですが、導入した機材が色々な場所で活躍するのは、労が報われている気がして嬉しいですね。




2018年1月13日土曜日

なごやか市民教室「あなたも弾ける簡単キーボード」開催!!

ありがとうございました。なごやか市民教室講座「あなたも弾ける簡単キーボード」第1回目が無事終了しました。

教室に持ち込んだキーボードは16台!!
僕の事務所にあるキーボードでは全く足りないので カシオミュージックサークル事務局さんのサポート&ご協力を頂き、受講生の皆さんお一人お一人に 機材を配備することができました。
受講生の皆さんからは「うわー!一人1台楽器を用意頂けるんですか?スゴイですね!!嬉しいですね!」とお言葉を頂きました。
心より感謝申し上げます。

当初、10名という定員のところ多数のご応募を頂き、15名に定員を増員しましたが 部屋の広さ、ご用意できる楽器の台数、レッスン時間など様々な制約の関係で抽選となってしいました。
多数のご応募、誠にありがとうございました。ご希望に添えなかった皆様、大変申し訳ございませんでした。
楽器が常設されている音楽教室と違って、今回の講座は出張教室のようなものなので主催者さんの意向、会場のご都合もあったり、制約も多くこの点、何卒、ご理解頂ければ幸いです。

今回、惜しくも抽選にもれた方や日程の都合がつかなく断念された方も安井正規ピアノ・電子オルガン・キーボード教室では、出張レッスンや体験レッスン(有料)も随時行っています。また、音楽教室やカルチャー教室でも各種レッスンを行っています。お気軽にご相談ください。
安井正規キーボード・電子オルガン・ピアノ教室ページ

 講座は、最初、僕のデモ演奏からスタートし、 受講生の皆さんの自己紹介を経て、今回のテーマである音色の選択方法や設定のコツなどを 解説し、演奏を楽しんで頂きました。

全席自由で座って頂き、Aチーム、Bチーム、Cチームと列ごとにグループを作ってグループごとに時間を区切り、レッスンを行いました。Aチームがレッスンを行っている時は、B,Cチームはヘッドフォンで練習という感じです。
また、このグループは、グループで使用するモデルを統一しているので操作方法のレッスンも統一できるようにしています。全3回で1巡し、全てのモデルを公平に触れるようにレッスンを構成しました。

 アシスタントをお願いしましたカシオミュージックサークル認定講師の 川村真理子先生や視察にお越しくださった同サークル認定講師の佐久間敦子先生には チームティーチング方式で指導やアドバイスのサポートを行ってくださいました。 心より感謝申し上げます。 

今回の講座は、未経験者・経験者という括りはせず幅広く募集しました。
音楽教室の体験レッスン等のアンケートで、「ほとんど未経験!」と記入してあっても実はかなりレッスン歴がある方だったり、たとえ<入門向け>と括りをしたとしても興味があれば経験者の方も応募してお越しになるからです。
また、キーボードという楽器の性質上、鍵盤は演奏歴があっても操作方法や設定方法、その他のノウハウがわからず勉強したいという方もみえます。

しかし、やはり15名のキーボードレッスンともなるとヘッドホンを活用しながら グループ学習を取り入れても一人の講師だけでのレッスンは難しく サポートに入っていただけ、本当に助かりました。 

この講座は、全3回終了の講座です。あと2回の講座も頑張りたいと思います。
(記録写真は、佐久間先生に撮影頂きました。ありがとうございました。)




2018年1月8日月曜日

メンズ・レッスン

成人の日の今日は、午前からカルスポでのキーボードと作曲コースのレッスン、名古屋に戻り、夜は音楽教室でピアノレッスンでした。
今日のレッスンは全て男性の方でした。カルチャーや音楽教室の仕事を始めてから意外に思ったのは男性の方も多く熱心に僕のレッスンに通って下さっているということです。

例えばギターやドラム、サックスといった楽器は、男性の方もたくさん通うイメージがあったのですが、当初ピアノレッスンは女性率が高いかな?と思っていました。
学生の方から中高年の方まで幅広い年齢層の男性の方がお忙しい中、通って下さっていて、良い意味でビックリしているところです。

レッスンをさせて頂いて感じることは、同じことを説明させて頂いても男性の場合は物事を理性的に捉える方が多いと感じます。(もちろん例外あり。)これに対し、女性の場合は感覚的に捉える方が多いと感じます。(これも例外あり。)
どちらが良い悪いではなく、どちらも良いと感じます。

よく「男の料理教室」といったネーミングの料理教室を見かけますが、是非、音楽レッスンにおいても男性陣に頑張って頂ければと思っています。


2018年1月7日日曜日

キーボードサークル新年初レッスン&ナポリタンなど

新年になりキーボードサークルの初レッスンでした。
昨年の発表が終わって、一息というところでしたがメンバーの皆さん早速、新しい曲を練習されてみえました。
レッスンは早めに切り上げ、昨年の発表の記録ビデオを鑑賞しました。
皆さん、ジーっと耳を傾け静かに鑑賞されてみえました。

ビデオ鑑賞の後は、すごいたくさんのお菓子を持ち寄ってくださりお茶会に。
今度の発表では、「この曲にしようか⁈」とか「もう少し動きがあるといいね!」とか
とにかく意欲的です。
休会していたメンバーの方が復帰されるとのことで、メンバーが増え嬉しく思います。
「先生、最近、レッスンの仕事も増えてお忙しいけど、絶対私たちのサークル指導辞めないでくださいね!」とFさん。
もう皆さん、自立されてみえるので僕ができることは少しサポートすることぐらいですが、必要としてくださって嬉しいですね。



レッスンが終わり、とあるスパゲティ屋さんへ。実はピアノレッスンに通ってくれている大学生の生徒さんがアルバイトしているお店です。

レッスンの時に、アルバイトでフライパンを使ってスパゲティを作っていると聞いたいたので、「いつか行くね!」と約束していたのです。
僕は、鉄板焼きの「懐かしのナポリタン」を注文しました。ケチャップ風味が効いていて子どもの頃を思い出したりしながら美味しく頂きました。

何よりも生徒さんが大学だけでも忙しいのに、こうやってバイトも頑張って、レッスンに通って来てくれているということに感謝です。

なごやか市民教室の秋のオリエンテーションの挨拶で教育者ウィリアム・アーサー・ウォード氏の名言を話されてみました。

「平凡な教師は言って聞かせる。良い教師は説明する。優秀な教師はやってみせる。しかし最高の教師は心に火をつける」(ウィリアム・アーサー・ウォード)

僕は、人の心に火をつけることはできない平凡な教師かもしれませんが、少しでも皆さんのお役に立てるよう指導の仕事も頑張りたいものです。

帰宅すると東京のバトンスタジオの先生から速達で音源作成依頼の郵便物が、、、。(汗)届いた次の日までにメールで音源を納品しなくてはなりません。

この他にも、同時進行でこれをやってあれもやって、休憩ついでに書類を作ってという感じで新年早々、何かと慌ただしく忙しい1月です。体に気をつけ何とか乗り越えたいと思っています。

2018年1月5日金曜日

明けましておめでとうございます。〜仕事始め⁇〜

明けましておめでとうございます。 ブログをお読みくださる皆さまは、新年をどのようにお過ごしですか?
僕は、年末年始も音楽制作の案件に追われていて、やってもやっても終わらず、仕事納め・仕事始めも ない感じでした。(新年の親戚の集まりには参加しましたよ。)

レッスンの仕事は1月4日から開始でした。
新年の体験レッスンもあり ご入会頂き、レッスンをさせて頂くことになりました。 最近、初心者、未経験の生徒さんも少しづつ演奏できるようになってきて、より練習に打ち込む姿を拝見するようになり僕も パワーをもらっている感じです。 

僕も少しでも成長でき、より皆様のお役に立てるような 一年になればと思っています。
今日は、もうすぐ開催される全日本選手権に向けてナゴヤゴールデントワラーズの渡辺先生が大会用音源の音源加工編集の依頼に事務所にお越しくださいました。


昨年は、依頼が重なり、お引き受けしたくても無理な状況が何度かあり、残念ながらお断りせざるを負えない案件が何件かございました。大変申し訳ございませんでした。

僕の事務所は個人の零細音楽事務所でして、演奏、作編曲、音楽制作、プロデュース、レッスンなどのご用命、ご予約は、くれぐれもお早めにお願い致します。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

安井正規音楽事務所ホームページ



2017年12月31日日曜日

今年もあとわずか、、、。

今年も残すところ、あとわずかになってしましました。
駆け込みで音源制作の依頼が何件か入り、年末ですが仕事納めとは行かず事務所で仕事をしています。(汗)
今日は、来年1月開催のキーボード講座に向けて、アシスタントを務めて下さる川村先生(カシオミュージックサークル認定講師)と事務所で打ち合わせもしていました。

今年は夏頃から、カルチャーセンターや音楽教室の講師の仕事も始め、父親からは「日頃の音楽活動だけでも忙しいのに、そんなに色々やって大丈夫なのか⁇」と心配されましたが、皆様のご理解とご協力を賜り、何とかこの1年を乗り越えることができました。ありがとうございました。

講師の仕事を始めて多くのことを学びましたが、特に学んだと感じたことは生徒さんによって演奏したい曲のジャンルが全く違い、その度に僕も一緒になって勉強したということでしょうか。
よく「安井さんは、守備範囲広いから。」とか音楽教室のスタッフさんからも「安井さん、オールジャンルいけるんでしょ?」みたいな感じで言われることがあるのですが、それは全く違って、今まで取り組んだことのない未知のジャンル(あえて手をつけずにして置いたジャンルも含む)については、自分なりに一つずつ勉強を重ねています。

勉強はとても大変ですが、これまで自分だけであれば開かなかった扉を開けるような感じでワクワクしたり、こんな年齢になっても成長しているような気になって嬉しい気持ちになる時があります。

新しい年も少しでも皆様のお役に立てるよう頑張りたいものですね。
どうぞ来年もよろしくお願い致します!!
<川村先生がお持ちくださった各種資料>

2017年12月27日水曜日

NPO法人リトミックGifuミュージカルレッスン&音楽教室


<今年のリトミックGifuミュージカル公演での演奏の様子から>

音楽と演奏を担当させて頂いているNPO法人リトミックGifuさんの来春4月開催の創作ミュージカルに向けてレッスンや打ち合わせのために大垣市の練習会場に伺ってきました。
ダンスやリトミック部分の練習も拝見させて頂きましたが、着々と準備が進んでいることを感じました。
衣装の打ち合わせもあり、生地を選定され、衣装を新調されるとのこと、こちらも楽しみです。
レッスンさせて頂いた歌唱指導では、今回僕が作曲した新曲を始めて聴かせて頂きましたが難しい曲を頑張って練習していて嬉しく思いました。

僕も良い公演となるよう、より良い音楽を目指して頑張りたいです。

大垣でのレッスン、打ち合わせを終えてからは、音楽教室のレッスンでした。
今日は雪がチラつくとても寒い日でしたので、生徒さんがお越しになれるか心配していましたが、ちゃんとお越しい頂けました。
少し空き時間があり、同じくピアノコースの片岡知絵先生とお話しができ、片岡先生の出演されるピアノデュオ演奏会「3・11祈りを込めて」のチラシを頂きましたのでご紹介させて頂きます。


各種レッスンの様子。


衣装生地の見本
<片岡知絵先生の出演されるピアノデュオ演奏会「3・11祈りを込めて」>